手を切ってもしつこい闇金

闇金と手を切ったはずなのに、融資のセールスがいろいろ来るのはどうしてかと不思議に思う人がいるようです。
闇金から借りたにもかかわらず、運よく利息を支払い、彼らと手を切ることができた人も、その後に他の闇金らしき業者からメールや電話があることが多いようです。これは、闇金があなたの情報を同業者に販売しているからです。つまり、個人情報が漏れているのです。本来違法ですが、法律無視の営業をしている闇金には個人情報保護法の考えなどありません。携帯電話の番号を変更するとともに、できれば住所も移転した方がいいでしょう。何かの拍子でお金に困った時にまた闇金を頼ってしまう誘惑から自分を守りましょう。返してしまった後でも闇金から完全に手を切ることは結構難しいのです。彼らは一旦手を出した獲物は簡単に手放しません。
闇金の中には返済後も振込口座にお金を勝手に振り込む業者もいるようです。
一般的に押し貸しと呼ばれるこの手法は、頼んでもいないのに貸し付けをして利息だけはしっかりと請求し、取り立てもしてくるのですからタチが悪いです。闇金の多くは、事務所を持っていないため資金貸付の方法は銀行振込です。振込口座を知っている業者はこのような手法で再度取り立てをしようとするのです。しかし、そのままにしておくと暴力的な督促をしてくることが多いのもこの手の業者ですから、早いうちに手を切る必要があります。完全に違法行為のため、警察などに相談すれば証拠があるため対処をしてくれるはずです。しかし、このような口座は早期に解約してしまうことが一番問題の起きない方法です。闇金に手を出してしまたら解決をすることが一番ですが、解決後も油断禁物なのです。
お金が無いならキャッシングしてピンチを防ぐべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です