おまとめローンは基本的に多重債務に陥った人のラストリゾートとしての位置づけになります。そのため、基本的に使わなくていい人は使わない方がいいローン商品です。金融機関にとっては、金利を高めに設定できて収益が稼げるありがたい商品であると同時に、貸倒のリスクも高いという微妙な位置づけの商品なのです。
とはいえ、おまとめローンは必要な人にとっては救いの神となります。なぜならこれ以外のローン商品で、自分の借金を解決してくれるものはないためです。最初にこの商品を企画した銀行は、収益重視の銀行であり、一風変わった行風が有名でした。その銀行でも、おまとめローンの商品設定では貸倒に気を使い、協力者と言われる親族等を契約者のお目付け役として設定させています。特に連帯保証等を要求しているわけではないのですが、結果として監視することで完済を実現させるとともに、貸倒を防いでいるのです。
リボ払い 危険
おまとめローンは、他の債務の返済資金を融資してから以後は一切の追加貸付をしません。そのため、今までお金に困ったらキャッシングと言っていた人も借り入れができず、資金繰りに窮してしまうことになります。おまとめローン設定後に少額のカードローンを借りてしまうこともあり、この返済が重荷になり、返済遅延が起きることがあるのです。このような問題があることから、おまとめローンの貸倒がさらに増加しているという残念な一面があります。
おまとめローン自体は悪いローン商品ではありません。このローンのおかげで多重債務から脱出して借金とは無縁の生活をしている人も少なくありません。しかし、返済途中は厳しい生活になることが多いということから、必要のない人には勧められないことも事実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です